・・・今は昔・・・いや、ちょっと前、3月3日のことじゃった・・・

今年はオリンピック・イヤー。
ってことはうるう年(ホントはピッタリとは重ならないらしいけど)。
1日長くてトクした気分の2012年の2月。
でも、何のことはなく過ぎてしまった3月1日、ステキな提案が届いた。

  4年に一度の「ニクの日」は過ぎちゃいましたが、肉食べません?
   友人に教えてもらった肉にこだわるおいしいイタリアンが
   気になってまして。
   夜はそれなりですが、お昼は割とリーズナブルみたいなのです。
   土曜日のミーティングは、お肉でいかがでしょ?

奇しくも土曜はひな祭り

お内裏様を狩りに行くには絶好のお日和じゃああーりませんか
さあ肉喰って、お内裏様を探しに行くぞ!!イエ〜〜〜

-------------------------------------------------------------------------

ここは神楽坂。肉にこだわるCARNEYA
入口に立て掛けた手描きの黒板メニューは、肉、肉、肉の大行進
噂に違わぬ、充実メニュー!イエ〜〜〜
うふふ〜ん なんかワクワクするね〜 あ・・・いい匂い
肉がワタシを呼んでいる〜〜〜
たまらずなだれ込むひな様2名なのでした。
(いやいや、そんなに慌てんでも ちゃんとご予約済みさんずョ

奥に長い店内は、週末ランチでほぼ満席 大人気です。
予約していて正解!手際の良いSay子嬢に感謝です。
混み合う店内の7〜8割が、“と〜〜〜ってもでかいバーガー”をオーダー&パチパチという、ちょいと異様な光景(撮影会場か?!ここは)

どんだけ〜ブロガーがいるんでしょうか
どんだけ〜好きなんでしょうか
(確かにその高さ。ボリューム。一見の価値はあるけど、
 ソレだけで腹一杯じゃぁ、もったいないじゃん)

ちょい引きながらも、そこはそれ肉食姫でごわす。
涼す〜い顔で、まずはシャンパンで乾杯し、
返すグラスで赤のデキャンタと4種類のお肉の盛り合わせ、
ランチセットのサラダ、ペペロンチーノ、アラビアータをオーダーする健啖家ぶり

ここでまたSay子ちゃんオーダーが奇跡のBINGO 

店に向かう道すがら
「今年はシカ、食べてないんだよね〜 年に1度くらいは鹿喰てぇ」
と、ほざいたワタシの願いがシェフに届いていたのですぅぅぅ

大きなガラス皿に盛り合わされたお肉。
その一角に、!鹿肉のローストです

「よかったね〜!盛り合わせ正解だよぉ〜!!」と感涙にたえながら、やわらかなローストを噛みしめる。。。表面は香ばしく中はジューシー!ソース絡んでサイコー

つづいて、子羊のスペアリブ、鶏胸肉にしては食いでのあるフライめいたモノ(初めての味・・・たぶんウサギ?)、牛フィレのグリル・・・と、さまざまなお肉の風味とソースを、ワインとのマリアージュを、楽しみ尽くすひな祭りランチなのでした。

もちろんパスタもスルリと平らげ、さてさて、デザートはどうしましょ?
と目顔で尋ねると、「これ焼いたんだけど」と差し出されたキレイな紙袋。

「夕べね 急にケーキが焼きたくなっちゃって」

人生で、急にケーキが食べたくなっても、焼きたくなったことはneverないワタシには、衝撃的な告白
彼女が2倍3倍京倍に、輝いた瞬間だった。

肉食だけじゃぁ締まらない。
ケーキが焼けなきゃ、お内裏様はゲットできない。

まずはオーブン買わないと

-------------------------------------------------------------------------

Show子姐さん渾身のいちごロールと抹茶ロール
これがSay子ちゃんの手作りロールケーキ
保冷剤を仕込み、キレイにラッピングされていたけど、今日は初夏のような日差し。
まっすぐ帰って、そのままパクリ いっただきまぁ〜〜〜〜す

ふわふわでしっとりの生地に、ほどよい甘さのクリーム。
ゴロゴロいちごの柔らかな酸味でサッパリとして、ワタシ好み
あっという間に、抹茶ロール4切れ、いちごロール4切れ、完食
ほんとにおいしゅうございました。

こんなにお肉を食べたのも久しぶりのこと。(最近は野菜とたまご、老人のような食事が続いていたのだ・・・量は関取並だけど
やる気と力が奥の方からジワ〜〜〜っと、満ちてくるね。
いってみて良かった 満足満腹

忙しくって、サーブはちょこっと大雑把だったけど、
勢いがあるし、お気楽で、なによい味が良 いいお店でしたね。
ディナーなら4〜5人で、いろいろ楽しむのがよさそうですね。
肉好き、集めないと
楽しい肉食女子会(いや、打ち合わせだって)ありがとうございました>Say子嬢

レジに置いてあったショップカード、旬野菜の店も今度ぜひ
打ち合わせ抜きで

---------------------------------------------------------------------------

これだけ食べて、グルメショットは一切なし
だってだって、撮影のためにおあずけなんて、ぜんぜん無理なんだもん。

グルメ・ブロガーには、ゼッタイ成れない日和なのでした。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL