2012年5月21日
曇りの予想を覆す、奇跡の晴れ間!!!
忘れぬうちに、画像だけでも先行アップです。

金環日食_東京7:33の木漏れ日
7:33の木漏れ日 わさわさと金環シェープ?

金環日食_東京7:40太陽はまるでエタニティー・リングだけど木漏れ日は二重映しのぼけぼけ
7:40
太陽はまるでエタニティー・リング 
だけど木漏れ日は二重映しのぼけぼけ。

金環日食_東京7:59日食に見入る小柄なカラス
7:59
静かで確かな気配を感じ、木立を見上げれば、日食に見入る小柄なカラス。
じっと見入る後ろ姿がかわいらしくて、思わずパチリ。

金環日食_東京8:41池の映り込み
8:14
池に映り込んだ、半月状の太陽にチャレンジ!
当然ながら、まぶしすぎて写らず

金環日食_東京8:21でた!!三日月型の木漏れ日だぁ
8:21
でた!!
日食のお手本木漏れ日、三日月型だぁ〜

金環日食_東京8:32何気に撮った石碑にも大きな三日月木漏れ日
8:32
何気に撮った石碑にも
大きな三日月木漏れ日が・・・
iPhotoに落としてはじめて気づいた、偶然の快挙



カメラ屋さんで見かけて以来、ずっとずっと気になってたんだけど、
紙だし、メガネのように掛けられないし、どうだろう・・・と、
どうもしないうちに刻々と日食は近づいて
そだ!あれでいいや!!とカメラ屋ダッシュしたのは、13日の夜のこと。

トキ既に遅し 山盛りだったワゴンごと、消えてました

う〜〜〜ん。
21日まで1週間。秒読み段階の今、思いつく手立てはアマ村のみ。
(選択肢、少なっ
もしかしたら、あそこもヤバイ?
だって今日は日曜で、ぜったい今日が観察グラス・ゲットの最終休日のはず・・・
(大型カメラ屋さんであの状態。1週間を切ったらアクセス困難になったり、
 品切れも必至でしょ

日にちをまたいだら危ない。と、大急ぎでアマ村を訪ねる。
あった〜〜〜!
デザインはアマ・オリジナルだったけれど、パッケージに、価格に、見覚えあり!
間違いない。

なんたって日本製!レビューの評価も上々
取られちゃならぬと、一応カゴにいれたまま、
危険なグラスの銘柄を確認し、当然のクリアでOKボタンをポチッとな
(危険グラスのデザインって、前将軍様のアレにクリソツなんですけど

このHPはかなり参考になりました。
メガネで見るなとか、カメラで覗くなとか、いろいろなご注意をたまわるウチに、『近眼のメガネの上から、観賞グラスをかけても大丈夫なの?』と不安になったが、相談してる時間はない。とっとこコンビニ支払いを済ませ、ビールで一息
さぁて、あとは配達日が間に合うかどうか・・・Macを起こすと、

すばらすぃぃぃ
ほんの一時まえなのに、しっかり入金は確認され、
その日の夕方には配送予定とな
5/21。担保されました!!!

てんやわんやの果ての充足感。く〜〜〜 たまらん
この集中力をもっと早く発揮すればいいのだけれど、
もはや、てんやわんや中毒なのかも

無事届いたメガネで(裏はこんな風。天文観察の日程がプリントされて便利)、
日食観測グラスVixenの裏面
2012年金環日食委員会の言う通り、部屋の蛍光灯を見てみた。

真っ暗

蛍光灯の輪郭も見えないくらい。
これなら日食網膜症の心配もなさそう。

さらにみなさんにお伝えしたいのは、
2012年金環日食委員会の動画「日食を楽しもう」が秀逸であるということ。(←ここナイツの塙調でお願いします)
日食の楽しみ方のアレコレを、女子児童2人が野外で体験するのだが、
このうちのひとりは、しっかりメガネ越しに日食めがねで観察。
メガネ越し、メガネ越しであります。
(↑そう!「日本三大なになに」ナレーションのカンジです

このメガネ少女のお陰で、メガネ+日食めがねの不安も払拭されました。

当日は薄曇りで、絶好の観測日和。
「5秒以上見続けないで」との注意に、『ただただ5秒も見てるだけなんてありえん』と思っていたが、大間違いだった。

刻々と変わる光、色、形、一瞬のフレア・・・飽きるどころか、目が焦げてもいいから、目を離したくない〜〜〜のである。
小さな窓には、吸い込まれるような幸福感が満ちていて、このまま永遠に見つめていたくなるのである。拝みたくなるのである。

さすが太陽。さすが天照らす神様なのだ。

と、八百万に感謝すること間違いなしの、金環日食な朝でした。

6/6には金星の日面通過があるんだって。うっひょ〜〜〜
天文好きになっちゃったらどうしよう
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL