東京都の救援物資の受付けは、3月27日(日)午後4時をもって、受付を一時中止し、状況に応じ、再開するとのこと。
求められた物資リストは、私にはストックがないものばかり。義援金のカタチでの受付という市も多く、ポツポツと募金しかできないのかなぁ。。。と思っていた。

そんななか、三鷹駅前で、ひとり「救援物資をお願いいたします」と声を上げるサラリーマン風の人がいた。ひとり、人の流れの真ん中で、チラシを掲げ呼びかける人。
募金や街頭演説など、お揃いのブルゾンなどを着て、集団で立っている場合が多いのに、あまりに普通ないでたち。目立たぬ風貌。メガホンも持たず、地声でしかもやさしく訴える。

気づく方が難しいかもしれない、帰宅ラッシュ。
流されないように、杭のようにがんばってる人に、なんとなく惹かれてチラシをもらいに戻った。(↓クリックで拡大します)

救援物資募集のチラシ
青年会議所が主体になっているみたい。(←クリックで詳細が見られます)
物資のリストは多岐にわたり、調味料やラップや電池なら、ウチにもストックがある。
箱詰めや物資名の記入も不要になったようで、少量しか持ち込めない私にはハードルが低くてうれしい。
三鷹市役所東側で受け付けているらしい。
バスもあるし、ちょっと行ってみようかと思う。
よかったら、お近くのみなさんも

取り急ぎ、お知らせでした。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL