昨年のウレシイ出来事のひとつが、hちゃんとの再会だった。

hちゃんは、学生時代のベビーシッターが縁でデザイン会社に就職し、たまたまお手伝いに通っていた私と知り合った。色が白くて、オットリとやさし気なhちゃんは、パンが大好き。食事時間もないハードな時、邪魔にならぬようそっとパンを食むちょっと丸っこい後ろ姿に、ウフッってな空気が靄っていて、ほっと癒されたり、かまいたくなっちゃったり、そんな女の子だった。私は外注のひとりだから、過ごす時間は短いけれど、帰るが同じだったこともあり、いろいろおしゃべりするようになり、乗車時間じゃ足りなくなって、「今度ウチで飲む?」とナンパしてしまったのが始まり、かな?
(おっとりお嬢ちゃんキャラなのに、結構飲むのだ よく食べるのだ そんなところもナイスでございますね〜)

元々無精な私は、なにかに絡めてアクションを起こす方なので、依頼が減れば口実が見当たらず、なんとなく疎遠になり、そのうち彼女が転職してしまい、頼りは年賀状のみという申し訳ない年月が流れた。
相当、流れた。たぶん10年くらい

そして去年の年賀状である。

賀状に書き込んだメアド変更の知らせが幸いした。彼女から初が届いたのは、Webスクール通いの真っ直中 怒濤の毎日だった分、話題も悩みも膨らみきってて、ハンパない引力で急接近!もはやじゃまどろっこしくて、即、女子会開催!に至ったのだった。

大人を長いこと続けてると、だんだん会える友だちが減っていく、と思う。だからこの再会はすごくステキで、希有なことなのだ。大人だから相手の都合や心情をおもんばかる余り、連絡のタイミングを逃してしまうことが、ほんとに増えてくるのだ。
だから、飛んで火にいるhちゃんは、ほとんど
奇跡的!小躍りするほど嬉しくて、即決だった。それ正解

8年のブランクを一気に縮める再会は、職歴だったり遍歴?だったり、1晩かけても話し足りない、泣く子も呆れる、弾丸トーク
女子はしゃべりでストレスを飛ばす。いつものおかずで充分スパークできるのだ
ロールキャベツ→さつまいもサラダ→ワインの、三角食いオートリピートは、気の置けない女子会ならでは ラクだ〜 たのすぃ〜
(もう女子じゃないって?ムッ ほんじゃパジャマパーティーでいいすか?)

「また、やろうね
「ぜひ!夏ですかね」

と別れたのに、なかなか都合が合わず、夏が秋に、忘年会に、と伸びまくり、やっとの2月5日である。新年会どころか、もう節分も過ぎてしまった
我ながら情けなす

ワインだけは用意万端。年末から仕込んであるのだ。
(てか、それハウスワインじゃん
京橋ワインで選んだゴールドメダル6本セット!
(たった二人で6本・・・? でも念のためね)
京橋ワインより金メダル6本セットの軽そうな3本
京橋ワインより金メダル6本セットのお値打ち予感の3本

で、呑んじゃったボトルども
女子会_消費ワイン

オトナの女子会にリークはないのだ!けど、ワインの味くらい記しておこうと、
酔う前に、準備万端、入荷時の画像をア〜〜〜ップしたのだったか・・・あら不思議。

朝のカフェオレ 昼のリゾット 昼風呂 パック 美容トーク

そういうことはクッキリと浮かんでくるのに、なぁ〜んにも思い出せないワインのお味
きっと好きな味だったのだよ。
だって、今回も、気持ちよく酔えたものね〜
仕込みよければすべて良し そういうことにしときましょ

女子会ワインChateauDarzac

女子会ワイン シャトー・オート・ブランデ2009
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL