昼からは、澄み切って、天晴れなお天気どす。
夕べは、上げ上げワンコで息せき切っていつもの飲み屋に乱入したが、ヘビー・スノーイングでお客さんはわずか6人・・・思いっきりの貸し切りナイトを楽しんだのでした

飲み過ぎた。
ゼッタイ撮るぞ雪景色のはずが、おそすぎるお目覚め。ピッカピカのお日様に、目指す雪景色はビルの陰の小さな社にやっと残る飲みのみ・・・。
ホワイト・バレンタインデーの翌日

それでも、わずかに残る雪の記憶を求めて・・・ランチついでにふらふらり。
ついに発見しやした なんと膝丈、超低木の椿の下に残る雪。
雪の白、椿の花の赤と、葉の緑。
なかなかに風流な題材なのだけれど、花の位置が低すぎて、イマイチ決まらぬ構図なのだった。(イチョウの枯れ葉がねぇ〜・・・溶ける前だったら良かったのか?
雪と椿 膝下丈で咲く椿を初めて見た!

と言うか・・・

今日まで、ここに椿が咲いていたことさえ、いや生えていたことさえ知らなかった。
あまりにも足下過ぎる
私の目は節穴です。
膝下椿 引き画像
こんなに咲き誇っているのに・・・ね
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL