一昨日の雪はあ!っちゅう間に溶けて、空き地に残した足跡はあとかたもなくて・・・
大雪に苦しむ人たちには「暢気なもんだ」と叱られそうだけど、なんかさみしい。
やっぱ消せないワンコ体質・・・ 
寒いのが嫌いなクセに、雪を見ると エキサイティングに変身してしまうぅ。

だから、吉祥寺の家電量販店の入口で、女子高生が空を仰いで
「うわぁ ボタン雪 すっご〜い」
「これ積もるかな? ホワイト・バレンタインデーだよ すてき〜〜〜
と叫ぶのを、無視できなかったのだ。

雪だよ雪

が私の中のが、脳をぐるぐる駆け回り、
わーいわーいホワイト・バレンタインデーだワオォォォ〜ンと叫ぶのだ。

気がつけば、「濡れませんように」と厳重に、過剰梱包されたゴディバの袋を持たされていた私
外はサラサラの、こな〜ゆきに変わり、なおも気分を持ち上げる!ワオォ〜ン
重装備、過剰包装のチョコレート
てなわけで、すっころびそうになりながら帰宅。
ぐちょぐちょスニーカーをブーツに替えて、の街に飛び出すなのでした。
ホワイトバレンタインの夜
うおぉぉぉぉ〜〜〜

ホワイト・バレンタインデー居酒屋の窓から
雪だ雪だ〜〜〜 すっげ〜降ってるぅ

2階から轍が見えるほど降り続ける雪
だれも歩いてないね〜

ホワイトバレンタイン居酒屋からのの夜景
ねえねえ 足跡つけにいこうよぉぉぉ わおおおおおん
ところで・・・バレンタインの本題「チョコレート」。
この厳重な袋に、どれだけのチョコが入っていたかというと・・・

過剰包装の中身はゴディバがたった1箱 
たったこんだけ〜〜〜

トリュフを4個、包んで貰ったら、こんな大それた事になってました
いくら雪でもバレンタインでも、過剰にもほどがある(1箱なのになぜ予備の袋が2つも?)
期待させてしまうではないか
余分に入れるなら、小袋ではなくトリュフにして欲しいワン

結局、自分の口までは回らなかった・・・
確かめたい味があったんだけどなぁ・・・
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL