今日もやべっちでハイライト観ては、

「マジ ハードなギリギリのゲームだったなぁ」と改めてドキドキしつつ、しみじみ喜びをかみしめてます

(夕べは、知り合いのお店の8周年で、キックオフ前にかなり飲んでたワタイは、みんなとハイタッチしては雄叫びを上げるドロドロの酔っ払いで・・・興奮のまま爆睡。しみじみしてる余裕などなかったっす


ベンチとピッチの選手が一体となって、抱き合い喜びを爆発させる姿は、もう「生きってよかった」くらいにステキな光景でした。

ザッケローニにがっちりハグされた本田を見てたら、なんか親子みたいで、ザックさんがみんなの父親に見えて来ちゃった。すべてのハグが、シッカと熱い。信頼の絆っていうか、そういう太い1本が通ったこのチーム。

このチーム力で、日本はもっと強くなれる。競い合うだけじゃなく、互いを高め補い合うことができる初めての代表チームなのではないかしら?と、目頭を熱くする、やたら涙もろい日和です。


「我々は50人で戦った」(荷物を運んで応援したスタッフ、選手すべてで)なんて、なかなか言えるモンじゃございあせんよ。この心配り。労り。アホみたいに浮かれちゃった、自分がちょいと恥ずかしいです。。。が、うれしすいぃぃぃこれが浮かれずにいられようか


おいおいおい ニッポンがだよ

スッキリとくっきりと勝利のカップを掲げてさぁ

凛々しいじゃあないか

なんちゅう いい笑顔じゃぁ

(感激の涙を誘うチームになれるとは・・・私、想像力不足でした。ごめんね)


金色の紙吹雪〜〜〜 

カタールの空に響く花火

価値ある優勝(価値のないものなどないけどねに、乾杯

そしてグラッチェザッケローニさん

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL