勝ちましたね〜日韓戦 次はいよいよ決勝ですよぉぉぉ

ただでさえドキドキなのに、触れればファール、ふざけたPK、と疑惑満載の帳尻レフリーに、もまれもまれて(なんとか11人、ピッチに残れたのは幸いでしたね)、くったくたの25日未明でした。なのに興奮のままTSUTAYAに立ち寄り、朝までDVDを観る暴挙に出たお祭りアタマ、日和です

かわしま イエィ

それにしても心が強い。いいチームですね〜。
南アW杯からの代表チームは、逆境に強い!
ビハインドで燃えるのか、やっと火が着くのか(その分はいりが遅いよな気もするが、90分120分を戦い抜くには必要な緩急?、折れることない攻撃への執念が勝ちを引き寄せてるって感じで、頼もしい。
過去の土壇場の負けパターンは、完全に上書きされたようで、「そうだよね あの代表とこの代表は違うチームなんだから」と、一同納得の即席パブリックビュー居酒屋onカタール・アジアカップなのだった。(そう。土壇場でやられるFC東京と芯が違うのよ・・・自爆 「アウェイで強いのはいっしょじゃん」って、マスターそれ慰めになってませんからぁ〜

私ならパンチのひとつも入れたであろう笛にも、グッと大人の対応と切り替えをみせ、ジダンなら頭突きを食らわせたであろう卑下たパフォーマンスを、クールに流しゲームに集中。(ゴール・パフォーマンスは喜びを表すもので、侮辱や皮肉の場じゃないはず)
私は、抗議する時はするべきだ!派だけど(疑惑のオフサイド無視だって、抗議が遅れて無効にされたとかなにやってんじゃいフロント)、グダグダ長引くと気持ちが削がれるトコもあるしね。一旦はクールにリスタートするのも流れを掴むのに大切なのかも。

昔は「声をかける」「声を出す」とか「守るのか攻めるのか意思統一」とか、それこそ耳反省会だったけど、ここ最近、その言葉聞いてませんよね?

そんなところも、チームになってる証で、うれしい。
こぼれ球へも、ちゃ〜んと詰めてるし(って、細貝さん。あの位置からのすっげーダッシュは、こぼれ球ありの確信ダッシュよね。じゃなきゃ1番近い本田より早いワケがないもの

香川が怪我で離脱・・・は、かなり痛いし、なによりその手にカップをつかみ取って欲しかったけど、なんせ逆境に強い代表です。最後まで気持ちを高くもって、いいゲームを魅せてくれるにちがいない。信じる力で、がんばろー

-----------------------------------------------

2度の真ん中PKで、「誰からいくかだよ」と心配顔のマスターに、「そりゃ本田△からですよ。3本目だもの慣れてきてるし」と鼻息あらく応えたものの、ほんとに1番手だったときはギャッと小声がもれてしまったが、さすが。
持ってる男はちがいましたね〜
3人でPK戦を終わらせた川島(初めて見たよ〜そんなPK戦)も持ってる
最後まで駆け上がった岡崎も、最高のアシストに吹かしPK長友も、、、いろいろ持ってるチャチャチャ

そして、彼らに持たせてくれたザッケローニさん

日本に来てくれてありがとう
あいしてま〜す   
コメント
摩訶不思議な笛でしたね〜。あれでW杯でも吹いたと言うから、ホントそこで当たらなくてよかったっすよ( ̄∇ ̄)d

香川、手術するんだって・・・(T_T)
重傷だったね。よく最後まで走りきったものです。

オーストラリアこそ、リベンジp(`ヘ´)qですね!!!
今でも「ケリー」と小耳に挟むだけで、「なに?!#」と振り向いてしまうオラです。

「ここまできたら優勝しかない」とザックさんも言ってくれたし、逆境でこそ成長してきたパワーを見せてやりましょうぜ(^O^)v
  • by 日和管理人
  • 2011/01/29 12:39 AM
いわゆる中東の笛とも違うんですよね。
わけわからないタイミングで、へんなバランスをとる。

次は、オーストラリアですよ。
何度リベンジしようとドイツのときの悔しさは拭えません。
日韓戦も、もちろん特別でテンションあがったけど、
オーストラリアに対する思いもまた尋常ならざるものがあるのです。

でも、怪我人続出で攻撃面でも心配ですが、
守備5人って采配はナゾでしたよ。それがカテナッチョ???
その割に……(;一_一)

川島はW杯のときもですが、
今回も毎試合直後にblog更新していて、
代表の様子とかHotな状態で伝えてくれます。
サッカー選手blogにありがちなアホっぽさもなく、
かといって先人のような理屈っぽさもなく、ほどよいですよ。

長谷部とか長友のblog、吉田麻也のblogも様子が伝わります。
三角形の方のblogはマネージャーが書いてますが。

メツ流の嫌みによると「アジアのバルサ」だし、
W杯は出て当たり前として、W杯本大会前に会場下見の
コンフェデも行っときましょう♪

コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL