お仕事の資料探しで、拾い読みしかしてないけれど、
「ほう……なるほどねぇ〜」と思うところがそこかしこ。

塾のことなど、こんな機会(仕事絡み)でもないと考える事もないし、そもそも今どきの教育など顧みたいとも思わないけど・・・

熱意のある先生方はちゃ〜んといらして、それは特別な教育ではなく、
選抜でもなく、具体的で身に染む授業、みんなのレベルを底上げする、
そんな試行錯誤と改善を何十年も続けている現場があったのだ、と。

学校というものに少しは希望が持てるかも、という本。



まず親なり周りの大人が、学びを忘れてはいけない、と。
反省。
「難しくて分からない」と押し付ける大人が、
あーしろこーしろ資格説得力ないもん・・・ね

コレ読んで、うっかり秋田へ移住する人いるかも、ですね

あとでゆっくり読んでみようっと。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL