青梅・新酒買い出し部隊p(^^)q (超長文<(_ _)>)

  • 2008.12.13 Saturday
  • 01:19
年賀状のCMが流れると、「年末がまた来てしまった」と焦る。
「もう秋じゃないのね(T.T)」と切なくなる。
どうしても、「私の秋はどこ?」と、秋を後追いしたくなる・・・
年末進行なる年中行事で頭も行動もパンパン、ギリギリになればなるほど、何が何でも過ぎ去る秋のしっぽをつかみたい!衝動が膨張する。

・・・と、鬱々悶々して飲みに行くと、
「週末、亀口の新酒を買い出しに行くんだ」とマスター。
「新酒かぁ。青梅?小澤酒造?」
「うん(^_^)そう。嘉泉と多満自慢も廻るよ」

青梅・・・きれいだろうなぁ〜。多摩自慢の地ビール飲みてぇ〜。
去年は腰痛で秋川散策ができなかったし・・・
一昨年は紅葉には少し早かった・・・

「買い出し、一緒に行ってもイイですか?」
秋川を囲む紅葉_澤乃井
というわけで、まずは晩秋の澤乃井園、である。
快晴晴れの青梅は風も澄んで冷たい。
秋川は深い青い流れに落ち葉模様をそえて、ゆっくりと進んでいる。
つり橋を渡ると大きな銀杏が目印の寒山寺だが、銀杏はほとんど落ちてしまった。
「いいね〜。川は」
「紅葉もさいごだねぇ」
しばし茫然。からっぽ。

遠くから「おーい!亀口もって〜!」と声がかかる。
うへへたらーっ そうだ。買い出しなのだ。
紅葉とつり橋_澤乃井
昼時でみんな『ままごとや』に吸い込まれたのか、ガーデンはガラ空き。
きき酒処の階下では酒まんじゅうが湯気をあげ、おいでおいでをしていたが、まずはきき酒(キリッとこゆい蒼天原酒とサラッとしぼりたてをいただく)とでれでれしてる間に、売り切れてしまった。
紅葉の澤乃井ままごとや
(美しい紅葉をバックに買い出し隊員。左手にはしっかり亀口の1升瓶が)
ままごとやもメニュー完売でお昼はおあずけ。。。
空腹をかかえ、限定一人一瓶のみの亀口をぶらさげ、自動車への足取りも重い隊員達に、『うさぎ庵』での腹ごしらえが提案された。拍手

せせらぎの音にすっかり和み、紅い落ち葉で覆われた趣深いわらぶき屋根を愛でながら、雰囲気抜群の『うさぎ庵』入り口に向かうと、そこにはメニューを携えたコンシェルジェが。
う・・・予約でいっぱい。カウンター席のみらしい。
メニューは2種類、癒しの奥多摩会席と艶うさぎコースのみ。
どれもこれも美味しそうだが、ランチに4000円はちとキツイ。
「2980円なら入ったかもね」
「っていうか、フラリと立ち寄って、この価格じゃ考えるよね」

すごすご買い出し隊、とりあえず『嘉泉』を目指す。

自動車プシュー途中、奥多摩名物『へそまんじゅう』に横付し、ほっかほか、蒸かしたての黒糖へそまんじゅうのプレゼント拍手
実は、ずっと気になっていたのだ『へそ』が。
憎いマスターの心遣いが、私のへそを鷲掴み。
(買い出し手伝いのお駄賃だってハート 童心むき出しで歓声を上げる隊員たちであった)
小振りで、皮はしっとり、粒あんはとろりとしていて、風味絶佳!
空っぽの胃を幸せが満たしてくぅぅぅラブラブ
蒸かしたてならではのおいしさです。これはオススメ。

とは言え、すでに1時半をまわり、へそまんだけでは1kmともたない。
と、「はい。のしこん」と車が止まった。

そうだラッキー ここ『のしこん本舗』の刺し身コンニャク(=のしこん)は、コンニャク概念が吹き飛ぶ美味しさなのだ。
次々と差し出される試食のお皿に、買い出し隊が一斉に箸を突き出す。
親鳥のくちばしに頭ごと突っ込むひな鳥さながらだたらーっ
「あ、やっぱ柚子いいね」
「このゴマはどんな味?」
「これ豆腐コンニャクだって!うぉ!新食感!」
「う〜ん。基本は青のりでしょ。あ、生姜醤油でもおいしいね」
「みそおでん用のコンニャクもあるんだね。大好きなのみそおでんラブラブ
 え?これも試食させていただけるんですか?す・・・すみません汗
「コンニャクそうめん、さっぱりしていて美味しい!
 どんぶり一杯食べたいくらい。あ、タレも付いてるんですか。いいね」

ガツガツガツ・・・
全商品を食べきり、お代わりまでして、「は!」と我に返る隊員。
ちょっと食べ過ぎだねたらーっ 腹ぺこ過ぎだね私たち。。。
それぞれに2週間で食べきれる限りののしこんを買い、おなかも落ち着き、いよいよ『嘉泉』へ。

『嘉泉』の蔵元『田村酒造』は堂々とした白壁の造りと長い塀。
レンガ色の煙突が秋空に映え、どこかエキゾチックである。
田村酒造_煙突がエキゾチック!!
新酒を示す杉玉は、所々青さが残り、新酒シーズンまっさかりの感。
期待が高まる。
田村酒造の杉玉_まだ緑が残り新酒シーズンまっさかり
・・・が、目的の嘉泉しぼりたては売り切れで仕入れならずショック
嘉泉自体が幻の酒、と銘打ってあるだけに、季節限定のしぼりたては更に希少なのだろう。
飲み飽きないんだよね、これがニコニコ
鮮烈な印象がないのに、いろいろ飲み比べてると、徐々にこの味がしっとりと馴染んでくる。最終的には、お代わりを重ねる、そんなお酒。
う〜〜〜ん、残念。

空腹もいよいよ限界(x_x)・・・
ラストは多摩自慢で有名な石川酒造に向けGo! Go!自動車プシュープシュー
石川酒造
レストランや和食処、売店が揃う、酒飲みのアミューズメントパーク?石川酒造の入り口。
カメラを構える短い間に、タクシーで乗りつけるお客さんが2組も居た。
多摩自慢樽
巨大な酒樽がシンボル?

数年前、蔵見学で訪れた時以来、ここの地ビール『多摩の恵』のファンなのだ。特にボトルコンディションビールは素晴らしい\(^^)/

当時、日本酒が苦手だった私は、仕方なく多摩の恵を飲んだのだが、これが「うんめ〜ビールびっくり」くて、ピッチャーで立て続けにお代わり。杜氏さんが新酒のご挨拶にまわるポン酒党だらけのレストランで、冷たい視線を感じながら・・・汗

と言う訳で、腹ぺこ隊はまっすぐ和食・そば処「雑蔵」へ。
すでに宴会モードのグループもあり、「相済みませんが、貸し切りの予約がありまして、6時までのご利用となりますが・・・」となかなかの繁盛ぶりである。
それにしてもまだ3時。どんだけ〜、長居させる気?ですかたらーっ>お姉さん

季節限定の地ビール・メルツェンと、そば、きのこの天麩羅盛り合わせで、遅いランチに乾杯ラッキービールビールラッキー熱燗ラッキー
カラッカラのノドにビールがうまい!!ちょっとフルーティーな香りのメルツェンは、どこかベルギービールにも似ている。
「おいしいですよ」とマスターに差し出すと
「俺自動車だよしょんぼり汗

唖然あ・・・そうだった。
そう言えば、澤乃井のきき酒でも、恨めしそうに見てたっけ汗

「いや〜、一仕事した後の多摩の恵は格別だね〜楽しいビール」と、
ほぞを噛む隊長を尻目に、おおいに楽しむ買い出し隊員たちであった。
そこに愛はあるのかい?たらーっ

奥多摩の秋の恵をカラダいっぱい取り込んで、ほろ酔い気分でまどろみながら帰る道。
渋滞・眠気と闘うマスター独りぼっち。。。男はツライねたらーっ

----------------------------------------------------

晴天に恵まれ、ドライバーにも恵まれ、遅まきながら秋を満喫した私。
隊長さんへの感謝の気持ちもいっぱいに、
これからも、たくさん多摩の地酒を飲んじゃうぞグー楽しいグー
決意も新たな日和です。

ほんとうに、ステキな秋をありがとうございました>孤独な隊長どの
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

recent comment

recent trackback

profile

気になる-デイリーShop


お野菜ウマっ!!いだけじゃない!!
ついに東京でもパルシステムの「電気」が届く!!!
太陽光、バイオマス、小水力などの、再生可能エネルギー(FIT電気)が中心なのも、さすがパルシステム。


けっこう、お世話になってます(^▽^) 花粉で過敏な時期は、ハーバル シリーズでお肌健やか♪ たるみ肌には金のゲル♪ 頼りになるなる(^_-)b

Amazon



いま読むべき本はこれ。直感です。早くなにかを起こさないと、と、まずはリンクを張った。

『気になる部分』に始まって『ねにもつタイプ』、『変愛小説集』と順調に、岸本ワールドの深みにズブズブはまっていく自分が嬉しい。
もはや妄想も達観・老境の域?!ただいまいろんなモノに「ごんす」をつけて、崩壊させる遊びにo(^-^)oしながら、読書中♪


再版になってやっと手に入れた一生もの。度肝を抜く、こお〜いキャラと、圧倒的な美意識、超高速どんでん展開。セクシイな薬売りにもやられっぱなしです。琳派に墨絵、アールデコやら大正モダンやら、すべての様式美が渾然一体となって襲いかかってくる。
すばらしいのひと言。


水切れがよくて汚れにくい凸凹表面デザインが秀逸!! 購入して3ヵ月経つけど、水垢が着きにくいのか、掃除もラクだし、キレイなまんまです。ホントにいい買い物でした(●^o^●)ゴムの止水栓があるから、排水できない所にちょい置きできるのも便利。トレーだけ買えるのもウレシイよね。

ジミ旅からセレブ旅まで


オトナなら一度はポチッとしてみたい。タイムセールなら手が届く?!(o^-^)







ちょこっと-ハレの日Shop


3本2,980から高級ワインまで・・・お値打ちモノが見つかります。私のオススメは金賞受賞ボルドー6本組。送料無料で同梱にピッタリ(^O^)v

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

recommend

茶色の朝
茶色の朝 (JUGEMレビュー »)
フランク パヴロフ,ヴィンセント ギャロ,藤本 一勇,高橋 哲哉

recommend

シルバー川柳 (一般書)
シルバー川柳 (一般書) (JUGEMレビュー »)
社団法人全国有料老人ホーム協会,ポプラ社編集部
老母の誕生日に、そっと添え。
「毎日が退屈だったけど、それも可笑しい味になるのね」と、大ウケ(*^o^*)

recommend

感性豊かで幸せな子どもに育つ アタッチメントベビーマッサージ
感性豊かで幸せな子どもに育つ アタッチメントベビーマッサージ (JUGEMレビュー »)
廣島 大三
イラストもどっさり。かわいくて分かりやすいから、気負わず始められそうです。乳児に限らず、いつからはじめてもよいらしい(^_^)    ベビーマッサージは赤ちゃんだけじゃなく、おかあさんもハッピーにするところが素敵です。

recommend

NHK VIDEO ぼくはロックで大人になった ~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~ [Blu-ray]
NHK VIDEO ぼくはロックで大人になった ~忌野清志郎が描いた500枚の絵画~ [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)

これ、すごいよ。

清志郎さんの油絵集と思ってると、度肝を抜く(ё_ё) ぐぅ〜〜〜んと喉元になだれ込む想いの塊に圧倒され、彼が逝ってしまったことに、またも呆然とする。必見!!!
ボクの好きな先生が出演されているのもスゴイ!

recommend

サイクリング・ブルース
サイクリング・ブルース (JUGEMレビュー »)
忌野 清志郎
自転車好きに、清志郎好きに、ゆっくり遠くまで自分の足で行きたい人に、教えてあげたい一冊です。

recommend

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM